商品ページの商品説明文や商品画像は、商品カタログを修正することで変更可能です。

 

多数のセラーが、一つの商品ページを同時に更新した場合は、商品詳細ページの情報決定ランキングシステムが働き、特定のセラーの変更結果が採用されます。

 

ですが、勝手に商品カタログを変更すると、他のセラーから怒りを買う可能性があることにご注意下さい。

 

スポンサーリンク

商品詳細ページの情報決定ランキングシステム

商品説明や、商品画像を変更する場合、商品詳細ページの情報決定ランキングシステムが働きます。

 

私の方で、Amazonテクニカルサポートに問い合わせて、教えてもらいました。

以下、Amazonテクニカルサポートの回答内容です。

masa ご担当者様

 

お問い合わせの、「他者が作成した商品カタログにある商品ページの商品画像を、勝手に変更する」という件につきまして、ご案内いたします。

下記方法にてなされた画像変更につきましては、規約への抵触や出品者アカウントへの影響はございません。

 

画像につきましては、出品者様に、セラーセントラルの「在庫管理」より「詳細の編集」を使用し、追加していただきます。

その際、商品詳細ページの情報決定ランキングシステムが働き、出品者様からのご登録情報が含まれる可能性もあり、画像の変更に至る場合がございます。

 

商品によっては、商品詳細ページの情報決定権が、他の出品者様もしくはAmazonにある場合がございます。

Amazon.co.jp では商品詳細ページの情報決定ランキングによって、複数の出品者様よりご登録いただいた商品名、商品の説明、画像、などの商品情報の中から、どの出品者様の登録情報を用いるかが決定されます。

 

これにより、ある商品に対して複数の出品者様が出品情報を登録されていても、Amazon.co.jp のページ上で特定の商品に対して単一の商品詳細ページを作成することができます。

「一つの商品に対して、一つの商品ページ」でカタログを作成することにより、購入者様にとって、よりお買い物していただき易い環境を提供することができます。

 

Amazon.co.jp では、この商品詳細ページの情報決定ランキングを手動で修正しておりません。

このランキングは販売量、購入者からの評価・マーケットプレイス保証といった評価決定基準に基づき、Amazon.co.jp のシステムにより、定期的に見直され、変動します。

 

こちらの回答内容だけですと、決定打に欠けるので、もう少々突っ込んで聞き直しました。

以下、Amazonテクニカルサポートの回答内容です。

・商品詳細ページの変更(画像・商品説明文)は、大口出品・小口出品者関係なく、自由に出来るが、自身の変更内容が商品ページに反映されるか否かは、商品詳細ページの情報決定ランキングシステムにより、決められる

→ご記載の通りとなります。(小口登録者様は編集ができません)

 

小口出品者は、商品ページの変更が出来ませんので、ご注意を。

商品ページを変更すると他のセラーの怒りを買う

商品ページの変更は、商品詳細ページの情報決定ランキングシステムに選んでもらえれば、変更可能です。

 

しかし、他のセラーから怒りを買うこともあります。

以下に、Amazonセラーフォーラムの投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を校正しています。

あなたの自己判断・自己満足だけで、商品カタログを作成した人に無断で勝手に写真を変更できるAmazonのシステムは間違っていると思います。

 

当店も、全く別の写真(アメコミの表紙バージョン違いで、当店の出品しているものとは全く別の表紙のものです。)に変更されたことがありました。

運良く別の写真に変更されていたことに気付いたのですが、もし購入者がこの間違った写真を見て購入されて、届いたものと違うとクレームがきた場合を考えるとゾッとします。恐ろしいです。

 

商品ページの商品画像を変更されても、ページを作成した人は、まず気が付くことはないはずです。

最低限、商品カタログ作成者に断りもなく無断で写真を変更するべきではないと思います。

 

だって、悪意を持つ何者かが、当店がアップした商品画像を全て別のものに変更することもできるわけですよね?

これは極端な例ですが、ありえないわけではないことです。

実際に、当店では、バージョン違いという、コレクターにとってはデリケートな問題の、その写真を全く別のものに変更されていたわけです。

 

これは明らかに営業妨害です。

これで正当なビジネスができるでしょうか?

 

このセラーの話で出て来る、「商品画像」とは、その商品ページのメインの画像のことです。

 

「出品者商品固有のSKU画像」とは違います。

中古商品を購入したことがある方なら分かるかと思いますが、出品者一覧ページを見ると、その出品者の商品説明文に付属して、その出品者が出品している商品の画像が表示されていることがありますね。

その画像のことを、「出品者商品固有のSKU画像」と言います。

Amazon規約違反だと憤慨するセラーもいる

商品画像を変更されたことに憤慨して、Amazon規約違反だと主張するセラーもいます。

商品詳細ページの情報決定ランキングシステムの項目での、Amazonテクニカルサポートの回答内容を見れば明らかですが、商品ページの商品画像や商品説明を変更することは、Amazon規約違反にはなりません。

 

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容になります(文章校正後)。

商品ページのメイン画像は修正可能で、見栄えの悪い画像を修正する事もあるかと思いますが、メイン画像を自分の出品商品のSKU画像で置き換える事は「規約違反」ですので、ご承知ください。

 

私の出品商品はほとんどメーカー製品ですが、最近、商品のメイン画像が他の出品者の「SKU画像」、特に中古商品の画像に置き換えられる事態が多発して、迷惑しています。

 

以下に、Amazonテクニカルサポートから頂いた回答内容をお見せします。

読んで頂ければお分かりのとおり、こちらの意見は認めつつも、結局は何の改善も行われないだろうことは簡単に推察できる内容です。

 

*******

画像について、ご意見頂いた状況に関してはごもっともかと存じます。

しかしながら、Amazonの商品情報が膨大のため、弊社でも個々に人の目での確認や画像変更の際の案内ができないところが実態となります。

そのため、防止策として、ブランド登録の案内となり、画像が変更になってしまい商品が別の物に切り替わってしまった場合に関して注文が入ってしまった場合は、補填や修正、パフォーマンスの考慮対応をさせて頂いております。

クレームを受けたときに全て気付くだけということに関して、少なからずご出品者様がおっしゃる通りかと存じます。

上記の内容を含め、今回の件に関しては貴重なご意見として承り、1,2日での改善、今後改善されるかなどお約束は大変申し訳ございませんが出来かねてしまいますが、画像に関してのシステム改善として上申させて頂きます。
*******

 

もし商品ページの商品画像が気に入らない場合は、出品者一覧にある自分の出品欄に、自分が販売する商品画像(出品者商品固有のSKU画像)を添えるべきです。

これなら、他の出品者にも影響はありませんので、誰にも文句を言われません。

商品ページの商品画像を変更するのは、出来る限りしないほうがよいでしょう。

Amazonシステムは簡単に変更されない

Amazonセラーフォーラムでは、Amazonがシステム改善をしないことについて、よく取り上げられています。

 

私も、Amazonシステムの欠陥を見つけたことがあります。

アップロードによる一括商品登録の機能を知らずに使うと、二重出品になってアカウント停止になるという、欠陥です。

このことを、Amazonテクニカルサポートに申し上げました。

ですが、「改善のご要望として上程をさせていただきます。」と言われて終わりました。

それから1年近く経ちますが、未だにこの欠陥は解消されていません。

 

しかし、SEである立場の私から言わせてもらうと、システム変更は簡単に出来るはずがないと感じています。

 

Amazonのシステムは、全世界共通です。

消費者向け販売ページ「Amazon.co.jp」、出品者向け出品ページ「Amazonセラーセントラル」など、これらのサイトのレイアウト、内部プログラムなどは、

全世界共通です。

つまり、一つ修正が入ると、世界中のAmazonのサイトを修正しなくてはなりません。

私の会社が開発した程度のシステムでも、機能一つ修正するだけで、非常に多くの人間が関わり、多くのコストがかかります。

これが世界中にある各国のAmazonサイトを一斉に修正するとなれば、そのコストたるや想像がつきません。

だからAmazonも、システムに欠陥があることを認識していながらも、コストと労力の規制があるため、中々動けないでいるのです。

仮に修正したとしても、その修正した内容でちゃんと動くのかどうかの「品質保証」をするだけで、1年はかかるはずです。

 

Amazonならさも簡単にシステムを修正したり改善したり出来るかのように思う方も多いでしょうが、無理です。

今あるAmazonシステムと上手く付き合って行くしかありません。

ここまでまとめ

・商品ページの変更は可能である

・商品詳細ページの情報決定ランキングシステムが動き、複数のセラーの変更内容から一人のセラーの変更内容が採用される

・商品ページを変更すると、他のセラーの怒りを買うので注意

Amazonカタログは知的財産権があり相乗り出品しないと危険

Amazonに出品する時は、在庫管理画面に商品が存在しない場合、商品登録画面を使用します。

 

下の画像の通り、商品登録画面で商品のJANコードやASINを入力して、商品カタログを検索します。

4

 

 

もしこの段階で商品カタログがヒットしない場合は、Amazonに商品カタログが存在しないということです。

この場合、自身がAmazonで販売したい商品の商品カタログを作成します。

 

私が扱っている商品ジャンルは、CD・DVD・おもちゃ・ゲームソフト・家電です。

これらの商品をせどりすとでサーチして、Amazonで販売して粗利が出そうな商品を仕入れしています。

せどりすとはAmazonの商品ページを使用して最安値を表示するので、Amazonに商品カタログが存在する商品のみが仕入れの段階で選別されています。

 

ですので、Amazonに商品カタログが存在しない商品を仕入れて出品することは、私の場合はありえません。

商品カタログは複製可能

しかし、この商品カタログですが、既にAmazon登録されていても複製可能です。

私も商品登録作業をしていると、何故か商品カタログが2つ出てくることがあります。

上の画像でも、商品カタログが2つ出てきていますね。

本来でしたら、一つしかヒットしないはずです。

なぜ商品カタログが複数出てくるのか

私が思うに、高値で売りたいからだと思います。

 

既に存在している商品ページでは最安値が低すぎる場合でも、その商品を何としてでも売り抜きたいと思うせどらーはおそらく沢山いらっしゃることでしょう。

この場合、商品カタログを新規作成して、つまり同一の商品の商品ページを新規作成して、お客様を新規作成した商品ページに誘導して売り抜くことを画策される方もいるかもしれません。

 

商品カタログを作成する際には、既に存在している販売実績のある商品カタログをパクった方が、間違えなく売れやすくなることでしょう。

商品カタログをパクると知的財産権侵害で訴えられる

しかし、他人が作成した商品カタログをパクる(商品カタログを複製する)と、知的財産権侵害で訴えられます。

事例を紹介します。

Amazonセラーフォーラムの投稿内容になります(文章校正後)。

弊社がAmazonで作成した商品カタログが複製されて、困っております。

弊社工場で製造されたファッション商品の画像が、複製された商品カタログにそのまま使われていました。

商品説明文も、弊社が作成した文言をコピーしたものでした。

 

商品本体には弊社の商標が印字されており、弊社は卸売りをしていません。

ですから、この商品カタログで出品されているファッション商品は、弊社が製造したものではない可能性が高いです。

仮に、弊社またはAmazonまたは他のルートで購入された物であるならば、Amazonに既に登録されている商品カタログを使用して出品するべきでしょう。

Amazonは、「1商品1商品カタログ」を原則としてますから。

 

また、その複製された商品ページを詳しく見ると、1枚目の画像と2枚目の画像の商品のデザインが、全く違っていました。

商品カタログが複製されたせいで、購入者が混乱してしまいますし、弊社の売上にも影響してきます。

 

先週、Amazonのガイドライン「知的財産権侵害についての申し立て」の流れに従って、Amazonジャパン合同会社法務部宛に通報しました

(ガイドラインの内容につきましては『知的財産権侵害についての申し立てとその手続き』を御覧ください)。

弊社の顧問弁護士の方にも相談しているのですが、このセラーへの訴訟を起こすなどの必要があるのでしょうか。

商品カタログをパクっても規約違反にならない

しかし、商品カタログを作成して商品画像をアップした段階で、その商品画像の著作権は放棄されたことになり、あなたのものでは無くなるそうです。

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

あなたがセラーであれば、Amazonに商品画像をアップロードした時点であなたの著作権を放棄した事になります。

以下、Amazon規約『知的財産権侵害についての申し立てとその手続き』に掲載されている文言です。

~~~~

■Amazon.co.jp が対応できない案件

詳細ページの所有権とイメージ画像の制限について: 当サイトでは、出品者間で商品詳細ページを共有するシステムをとっています(相乗り出品せよ、ということです)。

 

商品詳細ページは、ページ作成者の出品在庫が売り切れた場合でも、恒久的に Amazon.co.jp に残ります。

 

貴社ご自身が、貴社の著作権物である画像を商品詳細ページにアップロードする場合、その画像を商業的又は非商業的に有効利用し、無償の、非独占的で全世界的な耐久的かつ取り消し不可能な権利を、アマゾンおよびその関連会社に対して付与されておりますことをご留意ください。

Amazonヘルプページ 知的財産権侵害についての申し立てとその手続き

~~~~

 

商品カタログにアップした商品画像と文言の著作権は、Amazonに帰属します。

Amazonは、それらの商品画像と文言を無償提供する権利を有しています。

ですから、商品カタログを複製して出品ことは、規約違反にはなりません。

 

しかし、それでも手立てはあります。

実際に相手の商品の1つ買ってみて「これは偽物です」と「知的財産権侵害についての申し立て」を行いましょう。

この場合、Amazonのカスタマーサービスの担当者と、メールでのやり取りをする事になります。

そのメールに、あなたとパクった人間の商品の画像を添付して、違う点を報告してください。

これで恐らく相手の商品カタログが削除されると思います。

 

あなたがアップした商品画像と文言の著作権はAmazonのもの。

Amazonは、その商品画像と文言を誰にでも無償提供している。

だから、その商品画像と文言を使用して商品カタログを作成するのは問題ない。

その商品カタログが、他人が作成したものをパクって複製したものであっても、人道的に問題ありだが、Amazonの規約違反にはならない。

という理屈です。

商品カタログは削除してもらえる

今回の場合は、パクられた商品ページに、偽物の商品を写した画像が掲載されていました。

だから、そこを指摘して、「知的財産権侵害についての申し立て」をAmazonに対して行うことで、その商品ページを削除してもらえました。

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

弁護士を通じてAmazon法務部に連絡をしたところ、その商品ページへの対応がなされました。

ありがとうございました。

商品カタログをパクるのは非常にマズイ

繰り返しますが、今回のケースで問題になっていることは、自分が作成した商品カタログをそっくりそのままパクられた、ということです。

これ、絶対に許せませんよね。

商品ページが複数存在することで、自社の販売機会を失う可能性がありますから。

Amazonに販売することで発生する収入に依存されている方にとっては、死活問題です。

 

商品カタログをパクる行為がAmazonの規約違反にならなくても、弁護士を雇ってパクった相手を訴えて、その商品ページを何とかして排除したいことでしょう。

 

皆さんは、Amazonに仕入れた商品を出品する時、商品カタログがAmazonに既に存在する商品でしたら、それを必ず使うようにしてください。

その商品ページの最安値で販売すると粗利が出ない場合でも、商品カタログを新規作成して高値で売れるよう画策するのは止めましょう。

既に存在している商品ページの最安値が相場ですので、仕入れをする時は、その価格を頼りにして仕入れして下さい。

ここまでまとめ

・商品情報がない場合、商品カタログを新規作成することになる

・既にある商品カタログを丸パクリして、商品カタログを複製する輩がいる

・商品カタログにある内容の著作権は、Amazonに帰属して、Amazonはそれらを無償提供する権利を有している

・だから、商品カタログを複製しても、Amazon規約違反にならない

・だが、「知的財産権侵害についての申し立て」をAmazon法務部に申し立てして、商品カタログを削除してもらえることがある

・商品カタログを複製するのはリスクがあるので、我々は相乗り出品で商売しましょう

商品カタログ新規作成時はカテゴリー違反に注意

Amazonセラーフォーラムにて、興味深い事例を見つけたので紹介します(文章校正後)。

今年になってからジャニーズのCDやDVDに重複出品が大量にみられるようになりました。

商品名で検索すると全く同じ商品が2つ出てきたりします。

既に「ミュージック」のカテゴリーで登録されているCDやDVDを、「ホーム&キッチン」のカテゴリーで新規登録をして、俺様価格で売り出している人間がいるようなのです。

すぐに取り締まられるものと思っていたのですが、正直状況は悪化するばかりで、アーティスト名で検索するとこれらばかりが上位表示されるようになっています。

これって問題ではないのでしょうか?

商品カテゴリーを誤るとカテゴリー違反となる

まず、音楽CD・DVDですので、商品カタログを新規作成する時は、「ミュージック」のカテゴリーで新規作成しなくてはなりません。

カテゴリーを誤ると、カテゴリー違反となるそうです。

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)

その商品が全く関係のないカテゴリーで販売されているのでしたらカテゴリー違反になりますので、テクニカルサポートにカテゴリー修正依頼を出せばいいと思います。

もし同じ出品者が複数の商品でカテゴリー違反をしているのでしたら、それらのASINなどを添えて販売手数料を不当に逃れていると報告をすればいいのではないでしょうか?

販売手数料はカテゴリーにより金額が異なる。販売手数料が安いカテゴリーに商品カタログを登録して出品していることを報告する)

アマゾン側が不当と判断すれば何らかの制裁が下されると思います。

商品カタログを新規作成して出品する際は、ブラウズツリーに沿って正しく登録を行い、健全な商売を行うべきです。

 

明らかにマズイ行為をしているのは確かですね。

Amazonではこのような行為が横行しており、Amazonテクニカルサポートに訴えるセラーが増えてくると思われます。

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容を紹介します(文章校正後)。

この対応がまかり通るのであれば、許可申請が必要な商品(危険物や食品など)を、別のカテゴリで登録して許可申請を経ずに販売することが出来てしまいます。

非常に危ない問題だと思います。

 

Amazonの許可申請が厳格になる必要性が出てきたのも、偽物を取り扱う悪質な業者が増え、購入されるお客様へ迷惑がかかった事例が多発していることが原因だと認識しています。

CD・DVDは海賊版が横行しやすい商材なので、早急にAmazonサイドの対応が必要なのではないでしょうか?

 

過去に同一商品が異なるカテゴリに登録されている物を少なからず見ています。

個々のセラー全てに対して、商品カテゴリーを変えて同一商品を二重出品していないかどうかをチェックすることは難しいかもしれません。

しかし、商品の登録時にカテゴリを自由に選択出来てしまう現行のシステムを改善する必要があるのではないでしょうか?

今の時点では、他の方が仰るように、見つけられた際に都度報告する事が必要ですね。

Amazonも規約違反だと明言している

次に、複数のカテゴリーに同一商品の商品カタログを作成して出品することが、規約違反に該当するかどうかです。

私の方でAmazonテクニカルサポートに問い合わせて聞きました。

結論は、規約違反であり、アカウント停止になる可能性がある、とのことでした。

商品カテゴリを選択するのは、出品者の判断に委ねられるそうです。

 

以下、Amazonテクニカルサポートの回答内容です。

masa   ご担当者様

Amazonテクニカルサポートよりご連絡申し上げます。

先ほどは、メールをご希望されていたにもかかわらず、お電話にてお時間をいただきましたことを心よりお詫び申し上げます。

 

お問い合わせいただきました、商品の「カテゴリー」についてご案内いたします。

 

Amazonでは、適切なカテゴリーでの出品をお願いしておりますが、万が一、不適切なカテゴリーで出品をされている場合には、規約違反として担当部署より警告が行われる場合がございます。

 

出品アカウントの停止処置等につきましては、担当部署にて対応させていただいております。

担当部署での判断とはなりますが、規約違反と判断された場合はアカウント停止になる場合もございますため、何卒ご留意ください。

 

なお、Amazonは商品知識を持ち合わせておりませんため、出品者様が出品されます商品のカテゴリーにつきましては、

出品者様にてご判断いただき新規商品登録をしていただきますようお願い申し上げます。

 

ご参考までに以下ヘルプページをご参照いただけますと幸いです。

・商品の登録カテゴリーとサイト表示カテゴリー (※Amazonセラーセントラルのヘルプページで検索出来ます)

 

皆さんは、商品カタログを新規作成して出品する必要がある場合は、商品カテゴリーを間違えないようお気をつけ下さい。

 

せどりすとなどの商品検索ツールを使用して仕入れをしているなら、商品カタログを新規作成することはまず無いとは思います。

こうした商品検索ツールは、Amazonに既に登録されている商品カタログを使用しているからです。

ですので、店舗せどりをされている一般のせどらーには、あまり縁のない話なのかもしれませんね。

 

しかし、仕入れた商品を高値で売ることを画策して、商品カテゴリーを変えて新規出品するようなことは止めましょう。

消費者を欺く行為になりますから。

 

Amazonは消費者を優先する会社です。

だから、商品を二重登録してカートボックスを独占するような、消費者を困惑させる行為をすると、アカウント停止になります。

商品カタログを異なるカテゴリーに登録して二重登録をするという行為は、二重登録と同じ行為になるので、アカウント停止、いや下手するとアカウント閉鎖になるかもしれません。

 

最後に、この言葉を載せておきます。

そういう小細工をやっているセラーに未来はない

ここまでまとめ

・商品カタログを作成する時、商品カテゴリーを間違えるとカテゴリー違反になる

 

・既に正しい商品カテゴリーに商品カタログが登録されている商品に対して、別のカテゴリーに同一商品の商品カタログを作成して出品するのは非常にマズイ。

許可申請が必要な商品(危険物や食品など)を、別のカテゴリで登録して許可申請を経ずに販売することが出来てしまうから

商品カタログがマージされて売上激減

店舗でセール品を発見したが、Amazon最安値が低すぎて、出品したら赤字になる、ということが多々ありますね。

それでも出品したい場合、既にある商品ページの内容を複製して商品カタログを新規作成して、商品カテゴリーを変えて、ゴリ押しして出品をされる方もいます。

 

ですが、Amazonは1商品1カタログ(1商品ページ)を原則としています。

なので、同一商品の商品ページが乱立している場合、Amazonはセラーからの要望に応じて、それらの商品の商品カタログ(商品ページ)をマージ(統合)するみたいです。

マージされて売上激減

ですが商品ページがマージされたことで、色々問題が発生するみたいです。

Amazonセラーフォーラムに投稿された事例を紹介します(文章校正後)。

最近、私が販売している商品の商品ページが、頻繁にマージ(商品統合)されており、大変困っています。

 

乱立している同一商品の商品ページがマージされる過程で、最安値が下落してしまいました。

また、偽物の商品の商品ページもマージされるのですが、偽物の商品ページの購入者の低い評価と悪い内容の商品レビューも同時にマージされてしまい、商品ページの販売力が下落してしまいました。

 

それらの弊害を避けるために、商品カタログを新規作成して商品を出品したのですが、またマージされてしまいました。

そればかりか、誤った商品画像までマージされてしまいました。

具体的には、商品の色が実際とは異なる偽物の商品画像が掲載され、購入者から色が違うとのクレームを頂いてしまいました。

 

このことをAmazonテクニカルサポートに言ったところ、「カラー画像と紐づいているので変更できない」との一点張りで断られてしまい、埒が明きません。

また、マージにより、最安値のセラーがAmazon.co.jpになってしまい、価格で勝負出来ません。

このこともAmazonテクニカルサポートに言ったところ、「amazonも1出品者ですのでご理解ください」との回答で終了でした。

 

マージにされることは、私にとって死活問題です。

 

クッションカバーで廃盤の正規品を出品していたら、海賊版の商品ページとマージされた事があります。

しかも、このクッションカバーの商品カテゴリーはアダルト商品じゃないのに、勝手にアダルト商品に変えられてしまい、売れなくなりました。

一般商品しか扱っていいませんのに、酷い仕打ちです。

 

仕方ないので一度出品を取り下げて、新たに商品カタログを作成して出品して何とか乗り越えました。

数持ってたら致命的でした。

 

商品カタログがマージされることによる最安値の下落は仕方がないにしても、偽物の商品画像などの情報までマージされるのは困りますね。

購入者から、違う商品が届いたとのクレームを受ける可能性がありますから。

分割してもらえる

偽物の商品画像などの情報は、Amazonテクニカルサポートに依頼して「分割」してもらえるみたいです。

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

Amazonテクニカルサポートに「分割」を依頼してください。

偽物の商品画像などについては、「客観的証拠」を提示できれば、分割できますよ。

実際にお客さまからクレームが入っているということでしたら、対応してもらえる可能性が高いです。

amazonはお客さんの意見を尊重しますので。

 

例えば、「カラー」のバリエーションの項目に「2個セット」という誤った記述をするなど、カタログ規約に沿わない「カラーバリエーション」の記述解除できます。(ただし、amazon直販は例外)

 

なお、マージにより、最安値の出品者がAmazon.co.jpになってしまったケースに対しては、手の打ちようがありません。

 

商品カタログがマージされたことによる問題と解決策については以上です。

あえてAmazonにマージを依頼する

ところで、同一商品の商品ページが乱立することで、自身の販売機会を逃してしまうこともあります。

こういう時は、逆にAmazonテクニカルサポートにお願いして、マージしてもらうのも手です。

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

商品ページのマージについて、少し話したいと思います。

ご存知の通り、Amazonは1商品1ページを原則としています。

Amazonテクニカルサポートのスタッフの手で、Amazon.co.jpにアップされている全ての商品ページを精査して、二重登録されている同一商品のマージを実行することは不可能です。

 

しかしセラーが個別にクレームを出すことにより、該当の商品ページをマージしてもらうケースはよくあると思います。

セラーが要請する際に、根拠となる商品の写真などを提示すれば、マージしてくれるはずです。

商品ページをマージしてもらった後に、マージされた商品の商品説明文の内容が誤っているのなら、客観的な根拠を出せば、Amazonは分割という形で対応してくれるはずです。

 

商品ページのマージも、ライバルとの戦い方の1つだと思います。

 

商品ページがマージされることで、デメリットもありますがメリットもあるみたいですね。

 

もしご自身が販売されている商品の商品ページがマージされた場合、ライバルが勝手に間違えた商品カテゴリーに作成した商品カタログが全て統合されて、商品ページが1つしか無くなるので、セッションは確実に増加します。

つまり、売れやすくなります。

 

ですが、もしマージ後の商品ページの内容に誤りがあるのなら、Amazonテクニカルサポートにクレームを出して分割してもらいましょう。

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。