99%のせどらーは、JANコードあり、かつAmazonランキングが高い商品を狙って仕入れをしています。

ですが、こういう商品は、他のせどらーからも狙われています。

だから、たとえ仕入れできても、Amazonに出品して価格改定競争に巻き込まれて、値崩れして利ざやが取れないで終わる可能性が高いです。

 

そこで、AmazonにJANコードなしの商品に目をつけて、出品するという手があります。

JANコードなし、かつAmazonに商品カタログが存在しない商品を出品して、独占販売してしまうのです。

 

ただ、JANコードなしの商品で、かつAmazonに商品カタログが存在しない商品を新規出品するには、まずは製品コード免除申請が必要になります。

 

JANコードなしの商品をAmazonに出品したら儲かるかも

私は、JANコードがあるCD・DVDのみを仕入れ、Amazonの商品ページに相乗り出品しています。

私がAmazonに出品してから丸3年経ちますが、不良在庫の山を抱えて赤字になるなどの失敗を犯したことは一度もありません。

 

ところで、せどりをしている方の99%は、JANコードがある商品を仕入れしています。

加えて、モノレートの波形の動きが活発な、Amazonランキングが高い商品が仕入れ対象として選ばれやすいです。

理由は、確実に売れるからです。

(現実には、CDなら、Amazonランキング50万位でもやり方次第で売れるし、高粗利を得られる)

 

ですが、JANコードがある商品かつAmazonランキングが高い商品には、せどらーが群がります。

そのせいで、価格改定競争が始まって、Amazon最安値が暴落している商品が相当数存在します。

店舗せどりで商品を大量にサーチしたら、その殆どがマトモに粗利が取れない商品ばかりなのは、このためです。

このように、JANコードがある商品から、Amazonに出品して粗利が出る商品を探し出すのは、容易ではありません。

 

そこで、その裏を突いて、JANコードなしの商品を狙ってみましょう。

自分でJANコードなしの商品をAmazonに出品して、独占的に販売するのです。

 

JANコードなしの商品でも、Amazonに出品したらすぐに売れる商品は多数ありますから。

 

実際に、JANコードなしの商品をAmazonに出品することに目を付けたせどらーがいます。

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

Amazon出品者としてまだ不慣れな為、皆様のお知恵を拝借させて頂きたく書き込みさせて頂きました。

 

私は主に玩具と本を出品しております。

Amazonに相乗り出品したり、JANコードがある商品を出品すると言った出品方法については一応理解しているつもりです。

 

ですが、JANコードが無い商品(ガチャガチャや、期間限定販売などのレアグッズなど)をAmazon出品する方法について分かりません。

大変申し訳ございませんが、JANコードなしの商品をAmazonに出品する方法を教えて頂きたいと思います。

Amazon製品コード免除申請が必要

JANコードが無い商品かつ、Amazonに商品カタログがない商品を出品する場合、製品コード免除申請という手続きが必要になります。

 

製品コード免除申請は、Amazonセラーセントラルの中にある、『製品コード免除の許可申請』のページで行います。

また、製品コード免除申請のやり方は、セラーセントラル内のコンテンツ「出品大学」が非常に分かりやすいですので、こちらを参考にしましょう。

Amazon製品コード免除申請が出来る条件

Amazon製品コード免除申請をするためには、以下の3つの条件を満たしている必要があります。

<Amazon製品コード免除申請の条件>

1.大口出品者であること

2.特定商取引法の表記があること

3.返品・返金についての表記があること

 

それぞれについて、言及します。

大口出品者であること

まず、大口出品者登録をしないといけません。

Amazon製品コード免除申請をする予定の方で、小口出品者の方は大口出品者に切り替えてください。

大口出品者の登録は、Amazon出品サービスの『大口出品と小口出品の違い』のページで出来ます。

 

というか、せどりをされている方の殆どが大口出品者でしょう。

大口出品者登録をしないと、Amazonシークレットキーなどを取得できず、せどりすとなどの商品サーチツールをまともに動かすことが出来ませんから。

また、大口出品者で運用している期間は、Amazon製品コード免除申請の結果には影響してこないことを、Amazonテクニカルサポートに確認済みです。

特定商取引法の表記があること

大口出品者に登録すると、強制的にやらされます。

自分でやる場合は、「セラーセントラルにログイン>右上の「設定」>情報・ポリシー>出品者情報、で画面を開いて入力することが出来ます。

 

参考までに、私の特定商取引法の表記の入力例を紹介します。

<Amazon特定商取引法の表記の入力例>

masa商店について

店舗運営責任者:天尊 太郎

会社名:masa商店

会社住所:〒000-0000 北海道○○市△△-□□

電話番号:080-0000-0000

返品・返金についての表記があること

こちらは、対応不要です。

 

Amazonセラーセントラルのページ『出品者に関する情報とポリシー (オプション) 』の画面には、返金ポリシーに関して以下のように掲載されています。

出品者の返品および返金ポリシーは、Amazon.co.jp返品ポリシーと同等のものが適用されます。

購入者は出品者から購入した商品についても、Amazon.co.jp返品ポリシーに従って商品を返品できます。

返品および返金について詳しくはAmazon.co.jp 返品ポリシーをご覧ください。

以上から、自己発送・FBA関係なく、返品・返金についての表記の対応は不要です。

 

以上、Amazon製品コード免除申請をするのに必要な3つの条件を紹介しました。

Amazon製品コード免除申請が認可されるパターン

Amazon製品コード免除申請が認可された場合、SKU単位か、ブランド単位かのどちらかで認可されます。

 

以下、Amazonテクニカルサポートの回答内容です。

<Amazonテクニカルサポートの回答>

出品者様のご認識の通りSKU単位とは、ASIN単位での権限付与となります。

ブランド単位については、商品カテゴリーによっても審査基準が異なるのですが、ご認識の通り申請した商品の商品カテゴリーに対して権限が付与されます。

例えば、「ABC会社」の革靴でブランド単位の権限付与された場合、革靴が属している「シューズ&バッグ」カテゴリーの他の商品、スニーカーやサンダルについても「ABC会社」の商品であれば新たに申請の必要なく、登録を行うことができます。

SKU単位で製品コード免除申請が認可された場合

SKU単位で製品コード免除申請が認可されると、商品単位で商品カタログを新規作成して、Amazonに出品出来るようになります。

 

まず、Amazon製品コード免除申請が認可されると、JANコードが無い商品の商品カタログを新規作成出来るようになります。

商品カタログを作成する時はJANコードの入力は不要です。

代わりに、Amazonから受信したAmazon製品コード免除申請の審査結果のメールにあるSKUを入力して登録します。

そして、今度はAmazonセラーセントラルの在庫管理画面に、そのJANコードが無い商品を登録して、実際に出品します。

商品登録画面に商品を登録する時、Amazonから受信したAmazon製品コード免除申請の審査結果のメールにあるSKUを使うことになります。

ブランド単位で免除が適用された場合

ブランド単位で免除が適用されて認可されると、商品カテゴリー単位で商品カタログを新規作成して、Amazonに出品出来るようになります。

 

つまり、一度認可されると、同一商品カテゴリーの商品なら、なんでも出品できてしまうということです。

例えば、「おもちゃ&ホビー」の商品カテゴリーに対して、ブランド単位で免除が適用されると、JAN無しの商品のカテゴリーが「おもちゃ&ホビー」なら、なんでも出品出来るようになります。

目指すなら、ブランド単位で認可を得たいものですね。

審査結果のメール例(SKU単位)

Amazon製品コード免除申請をすると、審査結果のメールがAmazonから届きます。

SKU単位で権限が付与されるか、ブランド単位で権限が付与されるかは、このメールで決まります。

 

今回は、SKU単位で権限が付与された場合の例を紹介します。

(Amazonテクニカルサポートからサンプルを頂きました)

<審査結果のメール例(SKU単位)>

Amazonテクニカルサポートにお問い合わせいただきありがとうございます。

製品コードのない商品の審査結果についてご案内いたします。

申請いただいた商品に出品権限を付与いたしました。

権限付与後、24時間を経過すると商品を登録していただけるようになります。

商品名:肩たたきDX

SKU番号: 123456789

 

■登録条件について

・登録いただけるSKU番号:123456789

商品登録時の「出品者SKUの項目」に上記番号を指定してご登録ください。

・登録の有効期限:2017年05月12日まで(1か月間)

上記の登録期限となりますが、期限内にご登録いただいた出品情報は、期限を超過後も出品は継続されます。

まとめ

・JANコードなしの商品をAmazonに出品して、独占販売することが出来る

・JANコードなしの商品をAmazonに出品するためには、Amazon製品コード免除申請が必要

・製Amazon製品コード免除申請には、大口出品者であることなどの条件がある

・Amazon製品コード免除申請が認可されるパターンは、SKU単位(商品ごと)で認可されるか、ブランド単位(商品カテゴリー全部)で認可されるかの2パターンに分かれる

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要がありますが、ネット上に住所が明かされると家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

アフィリエイト報酬額も8,000円と高額ですので、教材購入費用を余裕で回収出来るはずです。

実際に、このCDせどりの教材で稼いでいるアフィリエイターは多数います。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。