このブログで、Amazonアカウント停止とAmazonアカウント閉鎖についてのお話を沢山してきました。

 

しかし、Amazonアカウント停止とAmazonアカウント閉鎖についての情報が点在しており、体系的にまとまっていなかったので、今回はここでまとめをしたいと思います。

 

まず、Amazonアカウント停止とAmazonアカウント閉鎖のペナルティをAmazonから受けたら、どのような不利益を被るのか、簡単におさらいをします。

 

なお、私は真っ当に商売をしているので、このようなペナルティを受けたことがありません。

ですので、実体験を元にしたお話が出来ません。

私なりに集めた情報を紹介することになりますが、情報の正確さは「当たらずしも遠からず」だと思っています。

では、Amazonアカウント停止とAmazonアカウント閉鎖のペナルティ内容になります。

 

スポンサーリンク

 

Amazonアカウント停止とは

出品している商品の販売の一時停止、Amazonセラーセントラル内で確定している入金額の一時凍結などのペナルティが課されます。

 

自分がどのような規約違反を犯したのか、Amazonからメールで言われた直後にこのような制裁が課されます。

理由抜きで、Amazonが意地悪をしてこのような制裁を課すのではありません。

 

このペナルティは、一定期間待てば制裁が解除されます。

期間については、人によりけりです。

1~2週間位で済む場合もあれば、1~2ヶ月くらい長期に渡り制裁を課されることもあるみたいです。

 

なお、きちんとAmazonに深く謝罪をすれば、比較的短期間の間で済むらしいです。

 

私がお世話になっている矢野文隆さんが、Amazonアカウント停止のペナルティを受けたことがありました。

あるせどらーの場合は、制裁期間が19日間で済んだみたいですね。

Amazonアカウント閉鎖とは

二度とAmazonセラーセントラルを利用できなくなります。

 

非常に非常に重い制裁を課されますね。

これも、Amazonからメールで言われた直後にこのような制裁が課されます。

 

この制裁を受けると、どれだけAmazonに謝罪しても許してもらえません。

Amazonアカウント閉鎖の制裁を止めさせることは出来ないということです。

 

Amazonアカウント停止でしたら、制裁を課される期間が決まっており、制裁が解除されれば、また商売が出来ます。

そして、Amazonに深く謝罪をすれば、制裁を解除してもらえます。

ですので、Amazonアカウント停止は比較的軽微な制裁だと言えます。

 

Amazonアカウント停止とAmazonアカウント閉鎖のペナルティ内容の概略については以上です。

Amazonアカウント停止・閉鎖になる原因

次に、どのようなことをやったら、Amazonアカウント停止、Amazonアカウント閉鎖のペナルティを受けるのかについてお話します。

二重出品した場合

Amazonアカウント停止のペナルティを受けます。

 

二重出品とは、Amazonセラーセントラルに、同一JAN・同一コンディションの商品を登録し、かつその商品を同時に出品した状態のことをいいます。

これは、Amazonで規約違反となってしまいます。

 

実際に私がAmazonに問い合わせて確認しました。

こちらが、Amazonからの回答になります。

同じ商品を二重登録してしまった場合のペナルティについて

出品者様にご認識頂いておりますとおり、1つのASINに対して同じコンディションで複数ご登録されますと

規約違反に該当してしまいますので、お控えいただきますようお願い申し上げます。

規約違反に対するAmazon側の具体的な対応については明言しかねてしまいますが、

誤って重複して登録してしまった場合は、登録後に一方を削除いただければ問題ございませんのでご対応いただければ幸いです。

 

この規約違反を犯すと、Amazonアカウント停止の制裁を受けるそうです。

実際に有名せどらーである矢野文隆さんが、二重出品をしてAmazonアカウント停止の制裁を受けいます。

 

二重出品が何故ダメなのか?

 

二重出品を許容してしまうと、公平性が保てなくなるからです。

 

新品商品ですと、二重出品をするとカートボックスを複数個取得出来てしまい、他の出品者が販売機会を逃してしまいます。

二重出品が許容されているなら、カートボックス候補欄を全て自分の商品で埋めて、自分の商品が売れやすくするようなことが出来てしまいます。
これは許されませんよね。

Amazonが二重出品を禁止するのは、当然のことでしょう。

 

二重出品にならない出品方法につきましては『Amazonの出品方法を正しく紹介!間違えるとアカウント停止!!』を御覧ください。

Amazonセラーセントラルでの商品登録作業、FBA納品手続き作業の知識が曖昧な方は、上記の記事を是非参考にして下さい。

私はこの記事に書かれている出品方法で、これまで30,000点以上販売してきましたが、規約違反になったことは一度もありませんでした。

CDのサンプル品を販売した場合

こちらは私の実体験になります。

なお、Amazonから警告を受けただけで、実際にペナルティを受けてはいません。

 

お客様から、音楽CDのサンプル品が届いたとクレームがAmazonにあったそうです。

Amazonから警告メールが届きました。

2013年のことですので、警告メールは既に消えています。

ですので、申し訳ありませんが、メール内容をお見せすることは出来ません。

覚えている限りのことを申し上げます。

 

音楽CDのサンプル品は、Amazonで販売禁止の商品らしいです。

そして、販売禁止の商品を販売すると規約違反となり、取引が停止されることがあるそうです。

このメールを受けて、私はAmazonにメールにて深くお詫びをしました。

 

ちなみに、音楽CDのサンプル品の仕入れ場所ですが、新宿の怪しいCDショップです。

2013年に東京都内に遠征をした時に、仕入れました。

 

音楽CDのサンプル品は、サンプル品といってもちゃんとキャラメル包装されてますし、通常の市販品と内容が全く同じです。

違いは、バーコードの上に「サンプル品につき販売できません」というラベルが貼られているだけです。

 

バーコードがラベルから僅かにはみ出していたので、せどりビームを使ってサーチをしました。

その結果、粗利が出そうな商品だったので仕入れして、出品しました。

そして、お客様からクレームがあり、Amazonから警告を受けてしまいました。

 

この失敗から、私は正規の市販品を販売することを心がけるようになりました。

正規の市販品とは、ツタヤなどで売られているCDのことです。

こうした名の知れたお店は、正規のルートで正規の商品を100%販売しています。

複数アカウントで運用した場合

Amazonアカウント閉鎖のペナルティを受けます。

 

フェイスブックやmixiなどのSNSでも、複数アカウントで使用すると、締め出しを受けます。

だから、Amazonでも複数アカウントがマズイのは、私は何となく腑に落ちます。

 

では、複数アカウントが何故ダメなのか?

 

私のイメージですが、二重出品が出来てしまうからでしょう。

あるアカウントで、同一JAN・同一コンディションの商品を出品したら、二重出品した状態になってしまいます。

しかし、複数アカウントで同一JAN・同一コンディションの商品を1つずつ出品したら、二重出品した状態を回避できます。

他の出品者の販売機会を奪う悪質な行為ですね。

しかも、明らかに二重出品が規約違反になることを理解した上で、このような悪質な行為に及んでいます。

だから、Amazonアカウント閉鎖という重罪が科されるのでしょう。

 

1アカウントで運用して二重出品をした場合は、出品者がAmazonの仕組みを「知らなかった」ので、二重出品をやってしまった可能性もあります。

そのことをAmazonも分かっているので、1アカウントで運用して二重出品をした場合なら、Amazonアカウント停止程度のペナルティで済ましているのでしょうね。

偽物を販売した場合

Amazonアカウント閉鎖のペナルティを受けます。

 

偽物でイメージ出来るのは、ブランド物のバッグとかでしょうか。

こうした偽物を販売したら犯罪になりますので、当然Amazonアカウント閉鎖のペナルティを受けるでしょう。

 

ですが、ブランド物のバッグ以外にも、自分が偽物を売っているつもりが無くても、お客様からクレームがあり、Amazonが偽物と認めた場合もAmazonアカウント閉鎖のペナルティを受けるそうです。

 

Amazonが偽物と認めた、という部分がポイントです。

 

Amazonセラーセントラルに商品登録をする際に、私は全ての商品について、Amazonカタログを利用して商品登録作業を行います。

Amazonカタログとは、Amazonに既に登録されていて、Amazonで認可された商品のことです。

 

実は、Amazonカタログに無い商品を登録するときは、自分でカタログが作成できます。

そして、Amazonの認可を受ける前に商品登録をして出品できてしまいます。

自分で勝手に作成したカタログを使って出品したものが、後でAmazonで偽物と判断されてしまったら、Amazonアカウント閉鎖のペナルティを受けます。

 

お客様から偽物とクレームがあったことに対する責任は、Amazonにもあると私は思っています。

新規作成したカタログをAmazonで認可してから出品できるようなシステムになっていないからです。

先ほどの二重出品についてもそうです。

Amazonが二重出品を禁止しているにも関わらず、二重出品が出来てしまうようなシステムを作ってしまっています。

このAmazonの欠点を、Amazonも認めています。

Amazonは、規約などを整備する前に、Amazonセラーセントラルのシステムの改良にもっと力を注ぐべきでしょう。

 

しかし、ここで愚痴っても何も変わりません。

 

今我々がすべきことは、Amazonセラーセントラルのシステムを勉強することです。

Amazonセラーセントラルのシステムに習熟して、安全に運用できるよう努力することが重要です。

私は、これまでAmazonで30,000点販売してきた経験があり、一度もペナルティを受けたことがないので、Amazonセラーセントラルの知識についてはそこそこ自信があります。

だから、みなさんがAmazonセラーセントラルを正しく使えるように、微力ながらアドバイス出来ます。

今後もこのブログで、Amazonセラーセントラルの正しい使い方について紹介していきますね。

といっても、ほぼ出し尽くした感がありますが。

児童ポルノ禁止法に抵触する商品を販売した場合

Amazonアカウント閉鎖のペナルティを受けます。

 

子供を被写体としたいかがわしい物、というのがポイントです。

例えば、フィギュア、同人誌、グラビアDVDです。

 

ニュースで、Amazonで児童ポルノに抵触する商品が販売されていると問題になっていました。

この問題を踏まえて、Amazonは自社のコンプライアンスを守るために、児童ポルノ禁止法に抵触する商品を販売している出品者に対して、予告なしに一斉にAmazonアカウント閉鎖のペナルティを科しました。

有名せどらーの矢野文隆さんは、児童ポルノ禁止法に抵触するフィギュアを販売したことで、Amazonアカウント閉鎖のペナルティを課さてしまいました。

 

このAmazonの処置に対して、私は妥当な行為だと思っています。

理由は、子供を被写体としたいかがわしい物を平気で販売している出品者が気持ち悪いからです。

こうした出品者が排除されたことで、Amazon無いが清潔になったことは、私にとって大変喜ばしいことです。

 

子供を被写体としたいかがわしい物を販売することがマズイことだということは、大人なら容易に想像付くことでしょう。

みなさんも、こうしたマズイものを避けて、CDや家電など真っ当な商品を扱って、息の長い商売をして下さいね。

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。