色違いの製品などの競合商品があると、その商品のセッションが分散してしまい、自身が出品する商品の売れ行きが悪くなります。
競合商品が無い方が、間違えなく売れ行きは良くなるでしょう。

 

そこで、競合商品の商品レビューを捏造して、星1つの低い評価を下してボロクソに悪いコメントを残して、その商品の価値を下げるという作戦があります。

 

第一歩として、商品レビューを捏造するためのアカウントを新規作成します。
そして、何でも良いので商品を購入します。
競合商品を買う必要はありません。
これで、商品レビューを捏造するアカウントの完成です。
早速商品レビューを捏造して、競合商品を潰しにかかりましょう!!

Amazonセラーフォーラムの投稿内容を校正して紹介します。

余裕です。
一度購入したことがあればいいので、新規アカウントを作って、amazonギフト券で購入できる程度の価格の商品を購入しましょう。
これはプライムの商品だけでなく、自己発送の商品を購入しても、購入実績が認められます。
自己発送の商品を購入する場合は、知人の商品を購入して、あたかも発送済みであるかのように手続きを済ませます。
これを悪用すれば、レビュー数が少ない商品ならば簡単に潰すことが出来ます。
商品レビューの購入者名は匿名あるいは偽名を使っても大丈夫です。
Amazonにある商品を適当にピックアップしてレビューを見ると分かりますが、出品者自身が星5の高い評価をして、同業者が営業妨害で星1の低い評価を下しねつ造された商品レビューを掲載しています。
新規アカウントを作成して、自身の商品の平均評価を意図的に上げることも出来ます。
特に、レビュー数が少ない商品の場合、星5の高い評価が一つ入るだけで、平均評価が高く変動します。
このように、新規アカウントを作成して、Amazonの商品レビューのシステムを悪用して、競合商品を潰したり、自身の商品の評価を操作することが出来てしまいます。

 

以上、Amazonセラーフォーラムに上がっていた投稿内容を記事にしてみました。

 

この投稿内容は、Amazonセラーフォーラムにて注目度が高かったのですが、根本的に間違えていますね。
新規アカウントを作成するということは、複数アカウントで運用することになります。
複数アカウントはAmazon規約違反になりますので、Amazonアカウント閉鎖になります。
競合商品を潰すつもりが、自分が自滅する結果で終わる可能性が高いです。

 

私は、CD・DVDを仕入れしていますが、競合商品を意識したことはありません。
仕入れの際にやったことは、モノレートの波形を精査して、売れ行きを予測して、確実に売れる商品を仕入れただけです。
CDには、同一商品であっても、初回限定盤と通常版とで分かれていたりします。
初回限定盤から見れば、通常版が競合商品になりますね。
もし通常版が消えてくれたら、間違えなく初回限定盤の売れ行きが良くなるでしょう。
しかし、だからと言って、通常版を潰すために新規アカウントを作成するなどエネルギーを注ぐのはダメです。
先程も申し上げましたとおり、アカウント閉鎖になり、ご自身が先に潰れる可能性が高いです。

 

そんな時間があるなら、もっと沢山仕入れしましょう。
競合商品が存在しない商品なんて、無数にあります。
モノレートの波形を精査して、間違えなく売れる商品を選ぶ。
この基本さえ守れば、競合商品なんて意識する必要はありません。

 

競合商品を潰すために新規アカウントを作成して、複数アカウントで運用している状態にならないよう、ご注意下さい。

 

以上です。