Amazonアカウントを複数取得して運営すると、アカウント閉鎖になります。

 

本記事では、複数アカウントで運営してアカウント閉鎖になった、せどらーの宮迫さんを紹介します。

 

宮迫さんとは

宮迫さんは、せどり・アフィリエイト・コンサルの三本柱で収益を上げられている方です。

 

せどりに至っては、従業員を雇って組織化までしています。

 

輸出ビジネスにも着手されており、月商3,000万円・月粗利1,000万円を叩き出している、モンスターせどらーです。

 

現在、日本に2社、アメリカに1社、計3社の会社を経営しているそうです。

複数アカウント取得はマズイ

宮迫さんはせどりで莫大な売上を叩き出しています。

特に、輸出ビジネスの売上がすごいです。

 

しかし、Amazon.comに複数アカウントで登録している点がマズイです。

 

宮迫さんはブログにて、Amazon.comに新規アカウントを登録した途端に、サスペンドになったと言っています。

※サスペンドとは、「Amazonアカウント停止」を意味します。

 

何故複数アカウントを取得することがダメなのでしょうか?

それは、1人の出品者の商品が、商品ページに複数表示出来てしまうからです。

 

例として、以下の画像の赤枠の部分をご覧ください。

 

 

同じ出品者(上の画像の場合、「WOLFTEETH JP」)の商品が2行あるのが分かるかと思います。

 

このような状態を、二重登録状態と言います。

二重登録はAmazonで規約違反です。

 

このような状態が続くと、Amazonアカウント停止になります。

複数アカウント取得はリスク分散のため

宮迫さんは、何故このような危険を冒すのか?

 

私は、リスク分散のためだと推測しました。

 

1アカウントで運用してAmazonアカウント停止になったら、途端に収入が途絶えます。

しかし、複数アカウントで運用すれば、1アカウントがダメになっても、他の収入源を確保できます。

複数アカウントはAmazonに必ずバレる

複数アカウントがAmazonにバレない方法を調べてみました。

 

完全に別人になることがポイントだそうです。

そのためには、以下の方法を取ります。

・別名義でAmazonに登録する

・別のクレジットカード番号でAmazonに登録する

・違う住所でAmazonに登録する

・IPアドレスを変えてAmazonにアクセスする

 

しかし、こうした対策方法は無駄です。

 

クレジットカード番号から、簡単に身元が分かるからです。

 

Amazonはお客様の預り金を振り込む、大変責任のある立場です。

ですので、身元確認を完璧にするでしょう。

1アカウントで運用を

大口出品者登録すると、1アカウントにつき毎月4,900円かかります。

10アカウントなら、毎月49,000円かかります。

一年で588,000円、10年で5,880,000円もかかります。

 

Amazonアカウントの維持だけで600万円近くかかり、しかもいつアカウント停止になるか分かりません。

 

馬鹿くさい話ですね。

 

複数アカウントなんて止めませんか?

1アカウントで運用した方が絶対安全ですし、安上がりです。

 

しかし、Amazon.co.jpのアカウントはAmazon.comと共有できません。

日本と中国のAmazonアカウントだけは世界のAmazonと共有できません。

 

Amazon.comに登録するときは、アカウントを新規作成しなければなりません。

 

ただし、Amazon.co.jpで購入実績があると、Amazon.co.jpの保証付きでAmazon.comのアカウントを新規作成出来ます。

これを利用しましょう。

宮迫さんは出品方法がマズくてアカウント停止になった

宮迫さんは、Amazon.comでの出品方法がまずくて、Amazonアカウント停止にもなっています。

 

理由は、購入者から「偽物」だとクレームを受けたからです。

 

「偽物」だとクレームがあると、Amazon.comはどう動くのでしょうか?

 

クレームだけで、Amazonアカウント停止にはしないでしょう。

 

「偽物」だとクレームのあった商品をAmazon倉庫に戻して商品を確認して、偽物だったら警告をするはずです。

 

私も、サンプル品のCDを販売して、Amazonから警告を受けたことがあります。

サンプル品のCDも、偽物も同じようなものですが、警告程度ではAmazonアカウント停止にはなりません。

 

宮迫さんの場合、この手のクレームが多発して、Amazonアカウント停止になったのでしょうか。

実績のある商品を出品しよう

宮迫さんはおそらく、Amazon.comに商品カタログを新規作成したのでしょう。

 

中国せどりをしているせどらーは、商品カタログの新規作成は普通のことです。

 

しかし私は、自分で商品カタログを作成することに反対です。

類似品があったら、偽物扱いされて1発でAmazonアカウント停止になるからです。

 

だから、Amazonに既に登録された商品を出品しましょう。

これは、Amazon.comのセラーセントラルの商品登録画面で、ASINを入力して表示される商品のことです。

 

Amazonに登録された商品なら、「偽物」とクレームがあっても、Amazonは我々を庇ってくれるはずです。

アカウント停止になれば莫大な損失が発生する

先ほど軽く触れましたが、Amazonアカウント停止になると、莫大な損失が発生します。

 

10アカウント運営したら、約600万円ロスします。

 

また、Amazon倉庫から商品を引き上げなくてはなりません。

当然、送料は自分持ちです。

 

宮迫さんは、160サイズのダンボール箱を25箱以上、アメリカのAmazon倉庫から引き上げたそうです。

 

アメリカから日本への送料は、莫大なものであったはずです。

 

私が、アメリカ人にCD1枚を売った時の日本からの送料が、約3,000円でした。

CD1枚でです。

 

Amazonアカウント停止になると、振り込みが先延ばしされます。

 

宮迫さんは会社経営をされている方です。

予定通りに入金されないと、従業員の給料や建物などの設備の維持費を支払えなくなってしまいます。

海外せどりをするならリスクを知るべし

海外せどりは、マーケットが大きく魅力的な商売です。

 

日本でのマーケット人口は1億人ですが、アメリカだと3億人、中国だと10億人です。

しかも、向こうはが景気も良いですので、お客様の購買意欲も日本人よりも高いはずです。

中国人の爆買いが良い例でしょう。

 

Amazon輸出が成功すれば、毎月億単位の売上をコンスタントに達成出来るかもしれません。

 

そのためにも、今回紹介した宮迫さんのようにならないよう、リスクを勉強しましょう。

 

Amazonアカウント閉鎖事例一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。